FC2ブログ
アクセスランキング

Entries

田沼淳一さんのサイト

http://tanumajunichi.com/

田沼淳一さんの素敵なサイトです。

 美女に見つめられて、恥ずかしそうに頬を染め、顔を俯けた美少女の仕草に、静香はやっと気付いた。
「ゆ、優希君!!」それは驚くべき姿であった。真面目で素直な美少年は、まるで産まれた時からの美少女にしか見えないほど可憐な姿だったのだ。
 名前を呼ばれ美少女顔を真っ赤にして背ける少年は、見せた動作で後ろ手に縛られていることが分かった。
「優希? 違うわよ。自己紹介しなさい、優子ちゃん……」
 ポンと肩に手を置かれた優希は、恥ずかしそうに口を開いた。
「ぼ……、わ、私は、翔子お姉さまと、血の繋がらない、い、妹の『優子』といいます……。これからは優子の勉強も、見てください……」
「良く自己紹介出来たわね、ご褒美よ……」
 翔子はスカートの中に手を入れ、シコシコと激しく上下させた。美少女はガクガクと肉体を痙攣させて呻いた。
「でも、本当に女の子みたいよね。静香先生に見せてあげなさい。本当はマゾのオカマだって言う優希の本性を……」
 アウウッ……。苦しそうに呻いた優希は、キュッと唇を噛んだ。
「ねぇ見て。優希は、こんな格好をしてこんなに興奮しているのよ……」
 翔子はスカートを捲り上げた。すると、静香の着用していたガータストッキングと、昨日渡した黒のパンティーを穿かされ、ウエストラインから勃起したペニスをはみ出させて、少女に握りしめられた下半身が露わになった。
 こ、こんな……。思わず口元に両手を当てて瞳を潤ませる静香。美少年は自分のせいでこんな破廉恥な姿をさせられているのだと、悲しみに包み込まれたのだ。
「そんなに変な目で見ないで上げて、優子は先生の下着を着用できて、こんなに喜んでいるんだら」
 義姉に言われ、少年は顔を真っ赤にして俯いた。本当にその通りだったのだ。
 足をピッチリと締め付けるストッキングの柔軟なすべらかさ、薄く小さいパンティーの、シットリと締め付ける滑らかな感触に、少年は背徳の興奮を得てしまっていたのだ。
 しかも義姉の制服を着用させられ、ウイック被せられて、鏡の前に立たされ、目の前に現れた美少女が自分と気付かないほどの興奮をさせられ、『優子』の名前も付けられ、本当の女の人になってしまったような倒錯感に炙られてしまったのだ。


 学校にはアナルバイブを挿入されて行かされ、自宅に帰ると義姉の制服を着せられ、静香の下着を着用させられ、少年達に口と手とアヌスを使って相手をさせられ、鏡の前で犯される姿を自分で見させられ、鏡に映った、逞しい肉体に組み伏せられ、女性との制服を着たまま妖艶にあえぐ美少女の姿に、自分であることも忘れて興奮させられてしまった優希は、「優子、可愛いぞ」とか、「優子は綺麗だな」とか、「色っぽいぞ優子」などと、女名前を何度も反復されて屈辱的に褒められながら、だんだん嫌ではなくなっていく自分に驚かされつつ、心を『女』変えられていった。
 ついには勃起機能を失わないように細心の注意を払われながら、女性ホルモンの投与も開始され、日に日に女性化されてれてしまったのだ。


 少年は、静香にワンピースのボタンを外すように頼んだ。
 美女は震える手で前を開いていった。
「アアッ、こ、こんな……」
 開かれた胸元は、もうBカップに近い乳房が、ピンクの乳首も鮮やかに、青い果実を実らせていたのだ。しかも頂点には静香とお揃いのリングピアスが貫通していた。
「僕も、女性ホルモンを打たれて、こんな姿に……。とっても敏感で、オッパイが感じやすいんだ……。それに、毎日、何人にも、何回もお尻を犯されて、フェ、フェラチオもさせられて、それで興奮させられるマゾオカマにされちゃったんだ……」
 少年は恥辱に美少女としか思えない顔を俯けた。
「次は、睾丸を取られる……。玉抜きの去勢をして、代わりにシリコンを入れられて、その時一緒にペニスも改造されちゃうんだ。袋を押すと勃起する、生きたバイブにされるんだって。僕、本当に男じゃなくなっちゃうんだ……」



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokiwa3.blog52.fc2.com/tb.php/1792-c70e765c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

DLsite

最近の記事

月別アーカイブ

DMM

ブランド・ファッションレンタル

プロフィール

tokiwa

Author:tokiwa
[最近のオススメ]

さよならは別れの言葉じゃなくて。





[最近のオススメ]

FC2カウンター

ブログ内検索