FC2ブログ
アクセスランキング

Entries

家出したらお姉さんに拾われた 【初体験】

http://rabbit-foot.info/archives/10006

シャワーを浴びて体を拭く
「洗濯機の上にパジャマと下着出しとるから」
見るとそれは両方とも男物だった
なんで男物があるんだろうと考える
以前同棲してたから?
ありうる
だから一部屋余ってるんだと思った
こんな綺麗なお姉さんだ、彼氏がいない方がおかしい
下着とパジャマを着てリビングに行く
「サイズちょうどええみたいやな、よかったよかった」
「やっぱうちとおんなじくらいやねんな」
「……?」
「それ両方うちのやねん。男もんの方が楽でな」
途端に俺は恥ずかしくなった
いつもお姉さんが着ているものを着てるのだ
下着も
不覚にもおっきした
いや不覚も糞もないか
ガキだし
でもそれはバレないようになんとか頑張った
中腰で
「ん? んん? なーんや、お姉さんの色気にあてられてもたん?」
「ははっ、若いなあ」
速攻でバレた
恥ずかしさが一気にヒートする
「ええよ気にせんで、なんし男の子やねんから。ほら、そこ座り。コーヒー……は飲めんか」

「さて、支度しよか」
それの終わりがきたのはやっぱり少しだけ残念だった
「……なにしてるんですか?」
「ちょ、動かんといて」
「いやほんと、なにしてるんですか?」
「やから動かんといて」
「……はい」
俺は化粧をされていた
「んー、まあこんなもんか」
「なんで化粧されたんでしょう」
「化粧するとな、年齢がわからんくなるんよ」
「ほら、それに君うっすい顔してるし。めっちゃ化粧映えするわー」
「はあ」
「んで、そやなーふふふーん」
「楽しそうですね」
「あんまないからなーこんな機会」
「あ、これでええな」
「……冗談ですよね」
「冗談なわけないやん。その顔で男もんの服着る気?」
「その顔ってか俺は男です」
「どこがあ。鏡みてみ?」
そこにはとても可愛らしい女の子がいました
なんて流石に言いすぎだが
確かに女の子がいた
化粧こええ
「君若いし、女装すんなら今のうちやって」
「……」
俺はいろいろと諦めた
可愛らしい化粧をされて
可愛らしいスカートはかされて
可愛らしい服を着せられて
タイツもはかされて
俺なにやってんだろう
もちろんヅラも被されて
お姉さんの店はあの都会の駅だ
電車にも乗った
派手な二人組だった
「お姉さん、流石にこれは」
「喋らんかったらバレんから大丈夫やって」
俺は喋れなくなった

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tokiwa3.blog52.fc2.com/tb.php/4992-38ed3d2c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

DLsite

女装関係オークション





Y!オークション

DMM

ブランド・ファッションレンタル

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

tokiwa

Author:tokiwa
[最近のオススメ]

さよならは別れの言葉じゃなくて。





[最近のオススメ]

FC2カウンター

ブログ内検索